いよいよ応用レッスンの最終作品、トランクBOXです。

応用コースからは、「自分らしさを見つける」という大きなテーマが入ってきたので、皆さま試行錯誤の連続だったのではないでしょうか。

「自分らしさ」って、理解しているようでよく分からない、なんだか曖昧なものですよね。

その時の流行や、もっと言えばその日の気分、天気などにも左右されたりすると思います。

けれど、そんなフラフラする不安定な部分の中にもきっと何かひとつ、「私はこれが好き」という、絶対に揺るがないものがあるはずです。

それが「自分らしさ」であり「個性」「オリジナリティ」ではないかと思います。

このトランクは、シンプルな形状のようですが、実は、今まで習ってきた事が集結している難易度の高い作品です。

直線とカーブの組み合わさった形状。

キルト綿を入れてふっくらさせる蓋。

金具の付け方。

そして蓋を開けるとそこには、キルト綿と割ピンで作るペルメル。(これはこの作品で初めて学習する技法です)

「これが作りたくてカルトナージュを始めました」という方も多い、とても美しく可愛らしい作品です。

この後に待っている、発展コースへの進級からの、ディプロマ認定への新しい一歩として、応用コースで見つけた「自分らしさ」が輝く作品をお作り下さい。

※掲載作品の模倣、及び、画像・文章の無断使用は固くお断りいたします。

<Copyright(c) cohaco.industry All Rights Reserved.>