北欧の生地ブランド「Tilda (ティルダ) 」の生地が大好きです。

ティルダ生地で数多くの作品を作ってきて、どの柄も全部大好きなのですが、中でも群を抜いて愛しているのがこの「Rita Teal」です。

大好きすぎて、この生地ばかりで作品を作っていた時期があり、周りの人から「飽きない?」と呆れ顔で聞かれたこともあったほど。

今でも、無性にこの生地で作品が作りたくなる時があります。

だんだんと暑い日が増えてきた去る4月、恒例の「Ritaで作りたい病」を発症し、今回はハート形を作りました。

ポイントは、このゴールドのリボン。

蓋と内蓋、そして、蓋を開けた時にしか見えない本体の縁にもひとつ。

カルトナージュはリボンやレース、ブレードなどで装飾するのがスタンダードですが、私は、前回ご紹介したアイロンシールも含め、こういった「チャーム (小さな装飾品) 」を付けるのがとても好きです。

及び、

ゴールドのリボンがピリッと効いた、私らしい作品に仕上がりました。

<この作品は、基礎コース制作作品 No.8 です。>

※掲載作品の模倣、及び、画像・文章の無断使用は固くお断りいたします。

<Copyright(c) cohaco.industry All Rights Reserved.>